【中古せどり】電脳せどりで楽天市場を使うなら?利益を出しやすいジャンルはメディア系!

こんにちは、元銀です(^^)/

 

今回は楽天市場での仕入れについて説明していきます。

楽天市場と言えば新品電脳せどり、ポイントせどりの言葉でとても流行っておりますのでそちらが主流でありそこまで多くはないですが一部中古品も

扱われております。

 

新品せどり、ポイントせどりのイメージが強い楽天ですが一部のカテゴリーでは中古品でも仕入れ先として重宝します!
楽天市場はポイントせどりに使っているという方もいらっしゃると思いますが中古の仕入れにも使うとさらにポイントを取得しやすく利益を上げることも
できますのでうまく活用していきましょう(^^)/
当ブログは【にほんブログ村】【人気ブログランキング】に参加しています!励みになりますので、是非ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

中古の電脳せどりにおける楽天市場の位置づけ

 

新品せどりやポイントせどりによく利用される市場ですので販売されている商品の大半は新品商品ですので新品商品のみ売っているサイトという

イメージが強いかもしれませんが中古品も扱われています。

 

しかしすでにご紹介したヤフオクやメルカリなどのフリマサイト、あるいはハードオフなどと比べると品数も少ないですし価格も高めなので

中古品市場としてはどうしても劣ります。

 

ただDVDやCDなどのメディア系商品に関しては安価で良質な商品を販売しているショップがいくつかあるのでこの分野を扱いたいという方にとっては

中古せどりの電脳仕入れとしては重宝するショップになります。品数もそれなりに出品されています。

 

その他のカテゴリーに関してもライバルが少ない分利益が取れる商品が見つかることもありますので一度リサーチしてみて下さい。

 

DVDやCDなどを扱う以外の場合は二の次、三の次という存在でたまに自身が扱ったことのある商品で利益が出そうなものが出品されていないかを

確認するくらいで十分です。

 

DVDやCDをメインにしている人は常にチェックしておきましょう。

 

楽天市場の仕入れにおいて事前にすべきこと

 

こちらに関しては楽天せどり、ポイントせどりと同じになりますがズバリSPU倍率を可能な限り上げることです。

もちろん高いに越したことはないのですが可能であれば12~14倍ほどに上げれるとベターです。

 

そのために楽天カードは持っておきましょう。 アフィリリンク

出来るなら楽天プレミアムカードか楽天ゴールドカードが良いですね。

 

基本的な考え方や戦略はポイントせどりの場合と何ら変わりません。

より具体的な内容や詳細を知りたいという方は別記事にて詳しく解説しております。

 

下記記事の「SPUを上げる方法」の箇所を参照下さい。

 

 

まとめ

楽天市場に関して中古品の電脳せどりにおいてはDVDやCDなどのメディア系商品を扱う場合以外はさほど多くはないでしょう。

あくまでメインとなるヤフオクやメルカリ、ハードオフなどに次ぐ補助的な位置づけと捉えていただけると幸いです。

 

中古品の電脳せどりにおける楽天市場の位置づけ

1.あくまで二次、三次の補助的な位置
  →たまに利益が出そうな商品がないかを確認するくらいで良い

2.DVDやCDなどのメディア系商品の出品は多い
  →積極的にリサーチしてメインの仕入れ先として利用

事前にしておくべきこと

1.楽天カードの申込
  →SPUを上げるためには必須。ただ通常使用でもポイント還元は1%なので持っていて損はない。

2.SPUを可能な限り上げる
  →12~14倍ほどはほしい。詳細に関しては別記事を参照

Yahoo!ショッピングストア運営の3大マニュアルをプレゼント!

 

・値下げ合戦

・理不尽な返品

・突然の出品削除

・アカウント停止リスク

 

Amazon販売での様々なリスクやストレスに悩んでいませんか?

 

そんなリスクやストレスから解放されるため

僕は脱・Amazonを目指しました。

 

 

そして、Amazonよりも安定して販売できる

Yahoo!ショッピングに主戦場を変え、

 

1年以上、運営してきた中で

・開店後3ヶ月でAmazonの売上を超え

・開店半年で優良店認定の獲得

・1日の最高売上95万円

までにストアを育て上げたノウハウを

コンテンツにしました。

 

僕のメルマガへ登録してくれた方に、3つの教材をプレゼントしています。

①:Yahoo!ショッピングの開店マニュアル

②:ライバルに差をつける優良店獲得マニュアル

③:ひとつの商品で37万円の利益を出した、Yahoo!ショッピング × 予約販売コンテンツ

 

 

おすすめの記事