【Yahoo!ショッピング】ヤマト運輸のフルフィルメントサービスをAmazonFBAと比較して解説!

この記事では、

2021年から始まったYahoo!ショッピングストア向けのサービス

ヤマトフルフィルメントの概要を、AmazonFBAと比較しながら解説していきます。

 

ヤマトフルフィルメントを利用することで

『当日発送』『優良配送』などの対象商品になり、

自分の商品をユーザーに対して強力にアピールできるので

ぜひ、上手に活用していきましょう!

 

当ブログは【にほんブログ村】【人気ブログランキング】に参加しています!励みになりますので、是非ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

ヤマトフルフィルメントとは?

 

 

AmazonFBA(フルフィルメント by Amazon)や、楽天のRSL(楽天スーパーロジスティクス)と同じように

ヤマト運輸のグループ倉庫を利用して、商品の注文受注データの連携から出荷と保管まで一連の業務を代行してもらえるサービスになります。

 

AmazonFBAに慣れている方は、同じような感覚で利用できるので

Amazonでの値下げ合戦や、出品規制、抜き取り・すり替え返品などに嫌気が差している方には

Yahoo!ショッピングへ販路を拡げいくことも検討しやすくなるのではないかと思います。

 

ヤマトフルフィルメントサービスを利用するメリット

 

【フルフィルメント】とは、すごく簡単に言えば『ネット通販における業務』のことです。

・商品管理

・注文受注

・梱包、発送

などの一連の業務ですね。

フルフィルメントサービスとは、これらの業務を委託して代行してもらうサービスとなります。

 

 

 

フルフィルメントサービスを利用すことによって

・商品在庫を自宅で保管しなくて済む

・注文の受注から発送まで代行してもらえる

といったメリットがあり、

 

副業だったり、自宅を拠点にしてせどりに取り組んでいる方には

商品在庫が山になって生活空間を圧迫したり、仕事から帰った後に発送に追われるといったストレスが無くなります。

 

この辺りは、AmazonFBAを利用しているせどらーには周知の事実かと思いますが

ヤマトフルフィルメントサービスは、Yahoo!ショッピングでもFBAと同じように利用できるということですね。

 

ヤマトフルフィルメントの料金は?

 

ヤマトフルフィルメントの料金は、AmazonFBAと比較しても遜色ないレベルです。

 

料金表

※費用は税込、全国一律料金です。

 

費用に含まれるのは、『送料』『作業費』『資材費』となりますので

自分で梱包して発送することを考えたら格安であることが分かると思います。

 

追加ピッキング料とは

()内に記載している料金は、追加ピッキング料と言って

要は、複数の商品を同梱して発送する際に、2商品目以降に追加でかかる費用です。

 

例えば...
60サイズに収まる商品を2つ購入された際は

420円+83円で、503円の費用になるということです。

 

※ちなみにAmazonFBAでは、配送手数料が1発送ごとでは無く商品数の分だけかかるため

FBAで60サイズの費用が434円ですが、仮に2個まとめ買いされた場合60サイズで同梱できるものでも

434円×2個で、868円かかっています。

 

僕らせどらーは何も不思議に思わず利用していますが

じつは、AmazonFBAってかなり高い料金体系なんですよね。^^;

 

 

一応、AmazonFBAの料金表も載せておきます。

↓↓

オプションについて

 

ヤマトフルフィルメントでも

サービス利用時に便利なオプションが利用できます。

 

 

バーコード貼り付けサービスがあるのは良いですね!

AmazonFBAでも利用している方が多いと思うので、非常に助かるサービスです。

 

緩衝材梱包サービスとは

これを利用しないと緩衝材を入れてもらえないということでは無く、

個別に特殊梱包として、エアキャップ(プチプチなど)で梱包して欲しい時にオプションとして利用するものです。

通常は、輸送箱に『商品+納品書+ボーカスペーパー(紙の緩衝材)による隙間埋め』となります。

 

AmazonFBAとの大きな違いは?

 

 

FBAと比較して、大きく違ってくるのは主に3つです。

 

①:追加ピッキング料

②:有効期限付き入庫登録サービス

③:返品時の対応

 

追加ピッキング料

 

これは料金のところでも解説したように

複数の商品を同梱して発送する際に、2商品目以降に追加でかかる費用です。

 

AmazonFBAでは商品の個数分、配送手数料を取られてしまうのに対し

 

ヤマトフルフィルメントでは、1番大きなサイズ+2個目以降は追加ピッキング料という料金体系なので

まとめ買いされた際には、利益額に大きな差が出てきます。

 

有効期限付き入庫登録サービス

 

有効期限付き入庫登録サービスとは、

商品に有効期限があるもの(賞味期限、消費期限など)を納品した際にかかるオプション費用です。

ヤマトフルフィルメントでは古いもの(期限が短いもの)から発送してもらえますが、その分オプション費用がかかるので注意ですね。

 

返品時の対応

 

配達完了前(受取拒否、住所不明、⻑期不在)の返品時のみヤマト倉庫に戻されます。(オプション費用が発生 )

 

購入後の返品については、購入者と出店者間でのやり取りが必要となり

購入者が商品受け取り後は、出店者側で返送指示を出す必要があります。

 

一見、AmazonFBAに比べると

自分でやり取りする手間が増えるのでデメリットに感じるかもしれませんが

 

AmazonFBAのように何でもかんでも返品を受けたりされないため、

この部分は出店者側にとっての安心材料でもありますね。

 

そもそも、Amazonと違ってYahoo!ショッピングは返品自体少ないので

そこまで気にすることでもないと思います。

 

フルフィルメントセンターへの納品ルールについて

 

 

納品に関するルールは、AmazonFBAと似ているので

初めて納品する場合でも、そこまで苦労しないかと思います。

 

納品不備となるパターンは、

 

・予定外の納品

・送り先不明の納品

・商品マスタの登録がない商品

・商品ごとの小分けがされていない納品

・納品依頼リストの貼付の無い納品

・輸送箱が破損している場合

・輸送箱の中身の商品が破損している場合

・商品袋から商品が出ている場合

・商品袋が破れている場合

となりますので、AmazonFBAと同じような感じですね。

 

納品時に使える緩衝材

 

使用できる緩衝材は、クッション材、エアキャップ、紙です。

 

FBAと同じく、バラバラの発泡スチロールやシュレッダーで裁断された紙は利用できません。

 

納品時の輸送箱サイズと重量

 

納品時の輸送箱サイズは1梱包当たり最大『3辺合計200サイズまで』『重量30kgまで』となります。

AmazonFBAより大きなサイズでまとめて送れるため、送料の節約になって嬉しいところですね!

 

FBA納品のように最大160サイズまで、かつ一辺の長さが60cm×50cm×50cm以下という縛りは無いです。

 

FBA納品時に、

「上手く段ボールに収まらず泣く泣く輸送箱を分けて送料負担が増えた」

という悔しい経験は、Amazonせどらーなら誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

そういった煩わしさが少しでも減るので、これはかなり良いポイントになるかと思います。

 

梱包要件

 

FBAと同じく、ガラスや陶器などは、破損しないようにあらかじめ梱包して納品する必要があります。

その他、FBAにある『袋入れ』などのルールは無いため、その点は楽ですね。

 

納品できないもの、危険物について

 

今のところ『危険物』という要件が無いので、FBAのように危険物かどうか?納品できるかどうか?を、気にしながら仕入れする必要は無さそうですが、、

(FBAは入浴剤や化粧水でも危険物に振り分けられる商品がありましたからね...^^;)

 

一般的に、危険なもの(毒物、化学薬品、引火性、爆発する可能性のあるもの)や

医薬品、医療機器、酒類全般、金券類、15万円以上の高額商品などは利用できません。

 

気になるリチウムイオンバッテリーは、

ゲーム機、カメラなど商品に組み込まれているもの、商品箱に同梱されているものはOK。

 

カメラの予備バッテリー、電動工具のバッテリー、コードレス掃除機のバッテリー、自動車用バッテリーなど

バッテリー単体の商品は原則不可となっていますが、

 

『納品を希望する場合は要相談』なので、地域の担当に聞いてみるといけるかもしれません。

 

温度管理・賞味期限・消費期限

 

常温・常湿での保管なので、温度管理が必要となる商品は利用できません。

 

賞味期限・消費期限に関しては、出荷可能期限を自分で指定することができます。

例えば、出荷可能期限を”7”に設定すれば、期限まで残り7日を過ぎたものは出荷されません。

 

AmazonFBAでは、残り期限が45日以下になると販売不可になってしまうことを考えると

期限付き商品の取り扱いがしやすいです。

 

まとめ

 

ということで、

ヤマトフルフィルメントの概要について簡単に解説しました。

 

AmazonFBAと比較すると

・追加ピッキング料

・有効期限付き入庫登録サービス

・返品時の対応

などが、大きく異なってきますね。

 

特に、複数まとめ買いされた時の出荷費用が

商品の個数分かかるAmazonFBAに比べ

2個目以降はピッキング料の追加のみで済むこと。

 

返品対応を自分でするため

AmazonFBAのように、何でもかんでも返品を受け入れて全額返金とならずに済むこと

 

利益を上げていく上で大きな差が出てくる部分だと思います。

 

細かく言えば他にも、賞味期限の60日・45日ルール

納品時の段ボールサイズは『60×50×50以下』といった指定が無いため(上限200cm、30kgまで)

AmazonFBAよりも断然使いやすいサービスになっていると思います。

 

ヤマトフルフィルメントサービスを見ると、

「AmazonはFBAがあるから最強!」

「副業せどりはAmazon一択!」

なんて、言えなくなってきますよね。

 

ライバルが多過ぎて飽和しきったAmazonで

値下げ合戦や理不尽な返品に悩むより、

 

どんどん出てくるこう言った新しいサービスを活用して

稼ぎやすいせどりで稼いでいきましょう!

Yahoo!ショッピングストア運営の3大マニュアルをプレゼント!

 

・値下げ合戦

・理不尽な返品

・突然の出品削除

・アカウント停止リスク

 

Amazon販売での様々なリスクやストレスに悩んでいませんか?

 

そんなリスクやストレスから解放されるため

僕は脱・Amazonを目指しました。

 

 

そして、Amazonよりも安定して販売できる

Yahoo!ショッピングに主戦場を変え、

 

1年以上、運営してきた中で

・開店後3ヶ月でAmazonの売上を超え

・開店半年で優良店認定の獲得

・1日の最高売上95万円

までにストアを育て上げたノウハウを

コンテンツにしました。

 

僕のメルマガへ登録してくれた方に、3つの教材をプレゼントしています。

①:Yahoo!ショッピングの開店マニュアル

②:ライバルに差をつける優良店獲得マニュアル

③:ひとつの商品で37万円の利益を出した、Yahoo!ショッピング × 予約販売コンテンツ

 

 

おすすめの記事